これから自分はもっと大きくなり曾祖父は小さくなってゆくから、元の体重はずっと分らないままだろう。ただそれだ…

これから自分はもっと大きくなり曾祖父は小さくなってゆくから、元の体重はずっと分らないままだろう。ただそれだけのことなのに、ものすごく不思議な感覚だ。これに一番似ているのは、久しぶりに会う親族に見つめられた時だ。決まって、大きゅうなって、大人みたいな顔つきして、などと言われる。曾祖父の体重が増えることはないのだともう一度、前よりもはっきりと考えた。不思議な感覚が少し薄れた。
田中 慎弥

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

田中 慎弥

もっと田中 慎弥の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。