「故人の尊重」という憲法の理念にしたがうなら、ある個人の人権を制限できるものは「別の個人の人権」しかありえ…

「故人の尊重」という憲法の理念にしたがうなら、ある個人の人権を制限できるものは「別の個人の人権」しかありえません。したがって「公共の福祉」とは、あくまでも人権と人権のぶつかり合いを調整する原理にすぎない、すなわち、「人権相互の矛盾衝突を調整するための実質的公平の原理」と考えることができます。
伊藤 真

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

伊藤 真

もっと伊藤 真の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。