身をさらして発言したことが受け入れられないときはもう身を引くしかない。なぜなら、身をさらして生きている人で…

身をさらして発言したことが受け入れられないときはもう身を引くしかない。なぜなら、身をさらして生きている人であれば、どんな組織にいようが、必ず、言葉を持って生きているものだから。言葉をもって生きているということは、その人自身、少なからず身をさらして生きてきた結果といえよう。そういう人は、身をさらして若者が発した言葉を無下にすることはない。
三島邦弘

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

三島邦弘

もっと三島邦弘の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。