かりに日本がその憲法典を変更しようとするのであれば、その前提作業として、第一に、日本の基本秩序たる憲法は何…

かりに日本がその憲法典を変更しようとするのであれば、その前提作業として、第一に、日本の基本秩序たる憲法は何なのかを見定める必要がある。・・・第二に、冷戦後の世界において、日本がいかなる目標を持つ、どのような憲法原理に立つ国家となろうとしているのかを決定する必要がある。・・・第三に、国民の生命と財産の安全の確保という国家としての最低限の任務を果たすために、そして、立憲主義という基本的な社会基盤を守るために、日本は外交・防衛の面で何をし、何をすべきでないかを改めて確認する必要がある。
長谷部 恭男

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

長谷部 恭男

もっと長谷部 恭男の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。