「(略)誰もが現実のような小説を書くことが当たり前だと思っていたのに彼女はアニメのような小説を書こうとした…

「(略)誰もが現実のような小説を書くことが当たり前だと思っていたのに彼女はアニメのような小説を書こうとしたのです。だから大袈裟に言ってしまえば彼女は自然主義的リアリズムという近代日本の小説の約束事の外側にあっさりと足を踏み出してしまった人だったのです」と大塚は記す。
東 浩紀

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

東 浩紀

もっと東 浩紀の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。