歴史学のさまざまな目的を、ライプニッツの指摘に手を加えながら、三つに大別してみよう。そして、それぞれの目的…

歴史学のさまざまな目的を、ライプニッツの指摘に手を加えながら、三つに大別してみよう。そして、それぞれの目的に対応する歴史学の三つの営みに名前を付けてみよう。すなわち、①歴史的個体への知的興味を満足させるための、「尚古的歴史学」、②過去に照らして現在の社会や文化を反省するための、「反省的歴史学」、③歴史の発展の筋道を考えるための、「発展的歴史学」、である。目的が三様であれば、対象を取り扱う仕方(方法)もまた三様になる。
遅塚 忠躬

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

遅塚 忠躬

もっと遅塚 忠躬の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">