へへへ、分かったぞ。舜臣は、常に多数の側が活用になっている、と言った。確かに、さっき叩きのめした奴らは近い…

へへへ、分かったぞ。舜臣は、常に多数の側が活用になっている、と言った。確かに、さっき叩きのめした奴らは近い将来、社会の真ん中に入って行って、違う形で僕たちを叩きのめして勝利を収めようとするだろう。そして、僕たちは何度も敗北を舐めることになるだろう。でも、それが嫌なら、こうして走り続ければいい。簡単なことだ。奴らのシステムから抜け出せばいい。小学校1年生の徒競走みたいに走り続ければいい――。
金城 一紀

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

金城 一紀

もっと金城 一紀の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。