戦後、日本人は命を惜しまなければいけない 時代になった。何かを 命がけで やることを否定してしまった。覚悟をし…

戦後、日本人は命を惜しまなければいけない 時代になった。
何かを 命がけで やることを否定してしまった。
覚悟をしないで生きられる時代は、いい時代である。
だが、しを意識しないことで、日本人は 生きる ことをおとそかにしてしまったのではないだろうか。
小野田 寛郎

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

小野田 寛郎

もっと小野田 寛郎の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。