最初の定義域をはずれ、複素数全体を扱えるように拡張する作業、つまり解析接続が必要となるのであります。

最初の定義域をはずれ、複素数全体を扱えるように拡張する作業、つまり解析接続が必要となるのであります。
川端 裕人

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

川端 裕人

もっと川端 裕人の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。