―そして、わが身のうえに、この呪われた家の壁がごっそり崩れかかってくるのをおそれるとでもいったように、急いで…

―そして、わが身のうえに、この呪われた家の壁がごっそり崩れかかってくるのをおそれるとでもいったように、急いで町のほうへ飛び出していった彼は、はじめて、自分にはたしてあれほどのことをする権利があったかどうか、一抹の疑いをいだいてみたのだった。
アレクサンドル デュマ

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

アレクサンドル デュマ

もっとアレクサンドル デュマの名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。