歴史のある会社でも、先行きがあまり明るくない企業を見分ける方法はある。まず40代、50代の役職者が大量にいる会…

歴史のある会社でも、先行きがあまり明るくない企業を見分ける方法はある。まず40代、50代の役職者が大量にいる会社は危険だ。生産性が低いのに給料が高い高齢社員がたくさんいるということは、彼らの給料や退職金を稼ぐために、若い社員がたくさんの負担を課せられているということだ。また古い会社は、現在そこで働いている社員だけでなく、退職した社員の福利厚生が現役社員の重しとなっているケースもよく見られる
瀧本 哲史

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

瀧本 哲史

もっと瀧本 哲史の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。