たんなる騙し討ちであったあの試合を、なぜ柔道側に立つ私があえて負けたの書くのか。それは試合後、千々に乱れる…

たんなる騙し討ちであったあの試合を、なぜ柔道側に立つ私があえて負けたの書くのか。
それは試合後、千々に乱れる木村の発言の中にひとづだけこんな言葉を見つけたからだ。
「牛島先生のいわれる通り勝負の世界なんだ、いまさら弁解も何もしない、まさしく僕の負けだ」(日刊スポーツ十二月二十三日付け)
増田 俊也

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

増田 俊也

もっと増田 俊也の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。