だからこそ「私がこのブラジルで一番の収穫だと思ったのは向こうにも昔の高専柔道に似た寝技があったことでした。…

だからこそ「私がこのブラジルで一番の収穫だと思ったのは向こうにも昔の高専柔道に似た寝技があったことでした。もし私が立技専門であったら、絶対に参ったといわないエリオ・ブラッシーを倒すのに一苦労したことであろう。私はブラジルにいって、寝技の重要性を再認識させられたのである」(『鬼の柔道』)と言っているのだ。
増田 俊也

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

増田 俊也

もっと増田 俊也の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。