お気に入りの時間は豪雨のとき。天井にたたきつける雨音を聴きながら、身体を濡らすことなく守ってくれるシェルタ…

お気に入りの時間は豪雨のとき。天井にたたきつける雨音を聴きながら、身体を濡らすことなく守ってくれるシェルターと、風の吹く中で暖をとる薪を与えてくれる木に、つくづく感謝する。もちろん、薪ストーブの製作者にも。自然との距離、自分が使う物との距離が近くなればなるほど、こういうありがたみを強く感じるようになる。断絶の度合いが大きくなれば、ありがたく思う気持ちも薄れるのだ。
マーク ボイル

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

マーク ボイル

もっとマーク ボイルの名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。