単純なミスや消極的なプレーをした時は、「何やってんだ」という厳しいリアクションがあってもいい。そういう厳し…

単純なミスや消極的なプレーをした時は、「何やってんだ」という厳しいリアクションがあってもいい。そういう厳しい視線があれば、選手は「変なプレーはできない」とプレッシャーを感じ、いい緊張感を持ってプレーできる。逆に良いプレーをしたら大きな拍手で讃えてほしい。
サポーターのそういうメリハリのある応援が選手を成長させてくれる。ミスをしても良いプレーをしても同じ反応なのでは、選手はそのぬるま湯に慣れてしまう。それでは選手は成長しない。サポーターには愛情を持った厳しい視線でサッカーを見てほしいと思う。
遠藤 保仁

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

遠藤 保仁

もっと遠藤 保仁の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。