彼女にもかわいそうな事情があったのだから、いつまでも恨んでいないで許してあげればと言うのは、一人娘を強姦さ…

彼女にもかわいそうな事情があったのだから、いつまでも恨んでいないで許してあげればと言うのは、一人娘を強姦されて殺された父親に、犯人は母親がなく、サディストの父に殴られながら育ち、幼いときから生傷が絶えず、長じては見るも無惨な醜男で女に全然もてず、ずっと性に飢えていてかわいそうな男なのだから許してやればと言うのと同じようなもので、無関係な第三者が自分は道徳的高みに立っているつもりのいい気分で言う無責任で偽善的な忠告としか思えません。(中略)僕は母を許しません。
岸田 秀

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

岸田 秀

もっと岸田 秀の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。