イギリスの進化生物学者ロビン・ダンバーは、サルの群れの大きさを研究して「ダンバー数」の概念を導き出した。彼…

イギリスの進化生物学者ロビン・ダンバーは、サルの群れの大きさを研究して「ダンバー数」の概念を導き出した。彼の見積もりによると、人間が安定した社会関係を維持できる相手の数は訳百五十人までである。地域的にとらえるなら、街路沿い、郊外住宅地、村などの単位を想定できよう。だいたいこの大きさまでのコミュニティーであれば、量産によるスケールメリットの恩恵を受ける一方で、持続不可能なほどの規模拡大にともなう工業化のおそれもない。
マーク ボイル

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

マーク ボイル

もっとマーク ボイルの名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。