食べものは体の中に入って、体の一部に変わるけれど、もともとそこにあった分子は分解され、体の外に捨てられた、…

食べものは体の中に入って、体の一部に変わるけれど、もともとそこにあった分子は分解され、体の外に捨てられた、ということが考えられます。つまり食べものの分子は、単にエネルギー源として燃やされるだけではなく、体のすべての材料となって、体の中に溶け込んでいき、それと同時に、体を構成していた分子は、外へ出て行くということです。
福岡 伸一

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

福岡 伸一

もっと福岡 伸一の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。