8歳にしてがんに侵されいる少年テイラーが毎日欠かさずしていること。それは、神様へ手紙を書くこと。病気のこと、…

8歳にしてがんに侵されいる少年テイラーが毎日欠かさずしていること。それは、神様へ手紙を書くこと。病気のこと、一生懸命な母親マディのこと、大親友サムのこと。感謝や不安、祈りの言葉を綴るテイラー。手紙を読んで心を打たれた郵便配達員のブレイデは、自分に何か出来ないかと、テイラーを始めとする家族たちと交流を持つようになる。いつも前向きなテイラーに、逆に励まされる家族やブレイディ。しかし、病魔は容赦なくテイラーの体を蝕んでいく――果たしてテイラーの祈りは、神様に届くのか?
名言委員会

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

名言委員会

もっと名言委員会の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。