三七七八メートルの富士の山と、立派に相対峙し、みじんもゆるがず、なんと言うのか、金剛力草とでも言いたいくら…

三七七八メートルの富士の山と、立派に相対峙し、みじんもゆるがず、なんと言うのか、金剛力草とでも言いたいくらい、けなげにすっくと立っていたあの月見草は、よかった。富士には、月見草がよく似合う。
太宰 治

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

太宰 治

もっと太宰 治の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。