つまり、「何に答えを出す必要があるのか」という議論からはじめ、「そのためには何を明らかにする必要があるのか…

つまり、「何に答えを出す必要があるのか」という議論からはじめ、「そのためには何を明らかにする必要があるのか」と言う流れで分析を設計していく。分析結果が想定と異なっていたとしても、それも意味のあるアウトプットになる確率が高い。「そこから先の検討に大きく影響をあたえること」に答えが出れば、ビジネスでも研究でも明らかな進歩となるからだ。
安宅和人

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

安宅和人

もっと安宅和人の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。