「ぼくのもっとも神聖な場所として崇める所に石を投げるような真似はしたくなかったんだ。とりわけこんな想像力の…

「ぼくのもっとも神聖な場所として崇める所に石を投げるような真似はしたくなかったんだ。とりわけこんな想像力の貧困なこの時代にね……連載小説の読者や劇場に足繁く通う者がそうしたように天才を崇め奉るものなどだれもいない、裏切り者に口笛を吹き、向こう見ずな純白の英雄に喝采するような時代なんだから」――――ぼくは頭を憂鬱そうに振った。「不運にも、喝采はどこにも聞こえず、いまや無知なものや子供しか持っていない歴史的遺産になってしまった」
アルトゥーロ・ペレス・レべルテ

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

アルトゥーロ・ペレス・レべルテ

もっとアルトゥーロ・ペレス・レべルテの名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。