一度うつ病になると、何もないときは落ち着いているものの、あることをきっかけに簡単に調子を崩してしまうことが…

一度うつ病になると、何もないときは落ち着いているものの、あることをきっかけに簡単に調子を崩してしまうことがある(キンドリング現象)。これは一種の過剰反応であり、ある部分の脳細胞が死んだことによるネットワーク異常が起きていると考えられている。抗うつ薬には、神経の新たな生成(神経新生)を通じてこうした悪い癖を修正し、「抗うつ力」をつけるという働きがあるのだ。
西城 有朋

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

西城 有朋

もっと西城 有朋の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。