プリテストにおける自由回答の活用です。どんな選択肢を設定したらよいか判断基準がないような場合には、プリテス…

プリテストにおける自由回答の活用です。どんな選択肢を設定したらよいか判断基準がないような場合には、プリテストを実施すれば、自由回答を見ながら、より妥当で網羅的な選択肢を設定することができます。
また、あえてネガティブなことを聞く場合にも、自由回答形式が利用できます。商品・サービスへの不満はフラストレーションとなり、それが回答者の発言欲求を高めるので、そうしたことを聞く場合には、回答者が納得のいくまで回答できる形式が有効である場合もあります。
山田 一成

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

山田 一成

もっと山田 一成の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。