しかしぼくの心のなかで、これらのことばは、ぼくの少年期を通じてのなぞを――ぼくがたえずむねにいだいていながら…

しかしぼくの心のなかで、これらのことばは、ぼくの少年期を通じてのなぞを――ぼくがたえずむねにいだいていながら、まだだれにもひとことも言わずにいたなぞを、ずばりと指したのである。デミアンが神とあくまについて、神聖な公認の世界と、黙認されたあくまてきな世界について、言ったこと、それはまさしくそのままぼく自身の考え、ぼく自身の神話なのだ。
ヘルマン ヘッセ

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

ヘルマン・ヘッセ

もっとヘルマン・ヘッセの名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。