どんな話をする際も、受け手は専門知識はもっていないが、基本的な考えや前提、あるいはイシューの共有からはじめ…

どんな話をする際も、受け手は専門知識はもっていないが、基本的な考えや前提、あるいはイシューの共有からはじめ、最終的な結論とその意味するところを伝える、つまりは「的確な伝え方」をすれば必ず理解してくれる存在として信頼する。「賢いが無知」というのが基本とする受け手の想定だ。
安宅和人

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

安宅和人

もっと安宅和人の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。