図で示してあるように生活習慣病における死亡率の具体的な変曲点はおよそ七十〜七十五歳のあたりに存在している。…

図で示してあるように生活習慣病における死亡率の具体的な変曲点はおよそ七十〜七十五歳のあたりに存在している。ということは、それ以前が生活習慣病の予防対策を重視すべき時期であり、それ以降はむしろ介護予防にその重点を移すべき時期といえるのである。
鈴木 隆雄

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

鈴木 隆雄

もっと鈴木 隆雄の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。