けれども惣体に「あの野郎」という心持の方が勝っていた。そのあの野郎として重吉を眺めると、宿を易えて何時まで…

けれども惣体に「あの野郎」という心持の方が勝っていた。そのあの野郎として重吉を眺めると、宿を易えて何時までも知らせなかったり、散々人を待たせて、気の毒そうな顔もしなかったり、漸と這入って来たかと思うと、一面アルコールに彩られていたり、凡て不都合だらけである。
夏目 漱石

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

夏目漱石

もっと夏目漱石の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。