けれども途中から急に振るい出しては、総体の調子が崩れるから、萎靡因循のまま、少し押して行くと、虚子がやにわ…

けれども途中から急に振るい出しては、総体の調子が崩れるから、萎靡因循のまま、少し押して行くと、虚子がやにわに大きな掛声をかけて、鼓をかんと一つ打った。自分は虚子がこう猛烈に来ようとは夢にも予期していなかった。
夏目 漱石

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

夏目漱石

もっと夏目漱石の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。