陽介がひとりで背負ってきた過去を、これからはいっしょに背負いたい。そして、あたたかな未来を作っていけたらい…

陽介がひとりで背負ってきた過去を、これからはいっしょに背負いたい。そして、あたたかな未来を作っていけたらいい。たとえば陽介が人生を終えるとき、頭をよぎる思い出のすべてに家族のやさしさが灯っているような、そんな未来を。そのために、陽介にしてもらえることではなく、あたしが陽介のために出来ることを、教えてくんだ。 胸の鼓動がしずかに強く響いていた。この気持ちが、愛のはじまりなのかもしれない。
名言委員会

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

名言委員会

もっと名言委員会の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">