ブラームスの晩年の独特の暗さ、暗いんだけれどもどこか達観していて、精神的にものすごく敏感な音楽というのは、…

ブラームスの晩年の独特の暗さ、暗いんだけれどもどこか達観していて、精神的にものすごく敏感な音楽というのは、当時のドイツによくある一室、電気もなくろうそくの光だけの暗さのなかで、「ブラームスはこうやって弾いたのか」という雰囲気を味わってはじめて体感できるものです。
茂木 健一郎

この名言は、気に入りましたか?

いいね! (←気に入ったらクリック!)
Loading ... Loading ...

茂木 健一郎

もっと茂木 健一郎の名言を見る↓

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。